視覚誘導性自己運動知覚に及ぼす刺激属性の付加的変動の効果(マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般) The effects of additional stimulus modulation on visually induced self-motion perception

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

視野の大部分を占める領域で視覚刺激が均一に運動するのを観察した場合に,静止しているはずの自己の身体が視覚刺激とは反対方向に運動して知覚される.この現象は自己身体誘導運動知覚(もしくはベクション)と呼ばれ,視覚情報が自己定位に大きな影響を及ぼすことの根拠として古くから検討の対象となっている.今回の実験では,これまで検討されることの少なかった視覚刺激の付加的属性の同期的な変化がベクションに及ぼす影響を検討し,視覚刺激の同期的な付加振動がベクションを増強し,刺激色の同期的変化が反対にベクション強度を抑制することを示した.前者には視覚刺激の剛体性知覚が,後者には色の恒常性に基づく照明光変化の知覚が関与していることが示唆された.

Uniform motion of a visual stimulus which occupies larger area of observer's visual field can induce illusory perception of self-motion in the direction opposite to the visual motion. This perceptual phenomenon is called visually induced self-motion perception (or veciton), and has been investigated as a strong evidence which indicates that visual information can strongly affect self-orientation. The current research was aimed to investigate the effects of coherent modulations of additional stimulus attributes which has been ignored by the vection studies. Three psychophysical experiments revealed that coherent stimulus oscillation enhances self-motion perception, whereas coherent modulation of the stimulus color inhibits vection. Rigidity perception of the stimulus pattern can explain the former, and perceived modulation of illumination would be responsible for the latter.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 110(228), 79-84, 2010-10-07  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008106605
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10882232
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ