頭部運動に追従したステレオマイクによる音像定位 Sound localization using stereo microphones that follow head movement

この論文をさがす

著者

抄録

本報告ではステレオマイクロホンを用いた水平面・正中面の音像定位実験を頭部静止条件・頭部運動条件で行い、音像定位を行う際に頭部運動がどのように関与しているかを明らかにした。4名の被験者が白色雑音についてそれぞれ定位実験を行った。その結果、水平面音像定位実験では、頭部静止条件で96.9%、頭部運動条件で99.0%となった。ステレオマイクによる実験では、頭部静止条件で33.4%、頭部運動条件で56.6%となり、頭部運動を行うことで頭内定位や前後誤りが減少しており、頭部運動が定位正解率の上昇に貢献していることがわかった。また、正中面音像定位実験においては、頭部静止条件で72.1%、頭部運動条件で88.9%となった。ステレオマイクによる実験では、頭部静止条件では全く音源位置を特定できなかったが、頭部運動条件では大まかな音源位置を知ることはできた。これらの結果より、水平面においても正中面においても、頭部運動を行うことで頭内定位や前後誤りが減少しており、頭部運動が定位正解率の上昇に貢献していることがわかった。

This paper clarifies key relationship between sound localization and head movement. Four subjects participated in the sound localization tests where they localized actual sound sources directly with their ears or via ideal stereo microphones and headphones. The stereo microphones are mounted on a TeleHead that can follow subject's head movement. With regard to the horizontal sound localization, the correct sound localization rates (CSLR) were 96.9 % and 99.0 % with actual ears for head-still and head-movement condition, respectively. The CSLR were 33.4 % and 56.6 % with stereo microphones for head-still and head-movement condition, respectively, suggesting head movement contributed to decrease front-back confusions as well as in-head sound localizations. With regard to the median plane sound localization, the CSLR were 72.1 % and 88.9 % with actual ears for head-still and head-movement condition, respectively. In contrast, the median plane sound localization was very hard with stereo microphones remain still. It, however, was roughly possible in the head-movement condition. There results suggest that the head movement contribute to improve both horizontal and median plane sound localization as the brain could use changes in interaural cues due to head movement.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 110(239), 79-84, 2010-10-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008107134
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10882398
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ