帯域制限雑音による水平面音像定位 Horizontal sound localization with band-limitation noises

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では、帯域通過フィルタ及び帯域阻止フィルタを用いた帯域制限雑音を用いて実音源の水平面音像定位実験を頭部静止条件で行い、各周波数帯域が音像定位に及ぼす影響を明らかにした。4名の被験者がバンドパスフィルタ(2-12, 4-12, 2-8, 4-8, 8-12, 2-4 kHz)を通した白色雑音についてそれぞれ定位実験を行った。その結果、2〜12 kHzの周波数帯域が含まれていれば十分に音像定位ができること、狭い周波数帯域のバンドパスフィルタを通した帯域通過雑音の定位は困難であることがわかった。また、5名の被験者がバンドストップフィルタ(0.5-12, 2-12 kHz)を通した白色雑音についてそれぞれ定位実験を行った。その結果、どちらの刺激音も2種類の音と知覚され、前面と背面から呈示された場合には、前後の2方向に音像が定位する場合があることがわかった。

This paper clarifies the relationship between signal bandwidth and horizontal sound localization with band-pass noise and band-stop noise. Four subjects listened to band-pass (2-12, 4-12, 2-8, 4-8, 8-12, 2-4 kHz) filtered noise stimuli. Signal bandwidth from 2-12 kHz is necessary to perform good horizontal-sound localization. It was difficult to localize sound for narrowband band-pass noises. Five subjects listened to band-stop (0.5-12, 2-12 kHz) filtered noise stimuli. All subjects perceived high and low sounds separately for those stimuli. Even one band-stop noise was presented at front or rear position, it was localized from two directions, e.g. one from front another from rear.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 110(239), 85-90, 2010-10-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008107135
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10882417
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ