日本の冷温帯におけるミズナラ二次林の成長 Growth of Quercus mongolica ssp. crispula coppice in the cool temperate region of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1.長野県野辺山(標高1,350m)のやや湿った立地に成立したミズナラ林の成長を測った。測定は40年前まで薪炭林として用いていた二次林と、その林床および隣接した草原に植栽したミズナラ幼樹について行った。林床にはミズナラとブナの幼樹それぞれ16本ずつ、隣接した草原には100本のミズナラを植栽した。幼樹のサイズはミズナラ平均0.47m、ブナ1.53mであった。草原に植栽したミズナラ幼樹は0.53mであった。測定は1983年から1995年までであった。幼樹の計測は1983年から1993年までであった。 <BR>  2.林床に植えたブナは1986年の遅霜で14本が枯死したが、ミズナラはその時まだ開葉していなかったので、霜の害に遭わなかった。しかしその後、生き残った2本のブナは成長し続けたが、ミズナラは1995年までにすべての個体が死亡した。林外の草原に植えたミズナラは順調に成長した。成木のミズナラの平均胸高直径は1983年に11.5cmで、1995年には14cmとなり、12年間に2.5cm(1年間に2.1mm)成長した。その間に密度は400m^2当たり84本から73本に減少した。樹高は1983年に平均8.4mであったものが1995年には9.4mに成長した。 <BR>  3.林外に植えたミズナラの幼樹の根元の直径は1993年には平均1.1cmであったが10年後の1993年には5.8cmとなった。樹高は1983年に平均0.53mであったものが1993年には2.21mとなり、1年間に0.168m成長した。 <BR>  4.成林したミズナラ林の胸高直径のヒストグラムは1983年には正規分布からずれていたが、1986年にはほぼ正規分布となり、その後、正規分布への収束とそれからのずれが循環しているようにみえた。 <BR>  5.草原に植えたミズナラの樹高と根元の直径の積の相対成長率(RGR)の変動と雨量、気温との間の重回帰分析によると、その年のミズナラの成長には5月の雨がマイナスに作用していることがわかった。これは、その時期の雨そのものの効果ではなく、葉を展開するこの時期に天気がわるく日射量が少ないせいだと考えられた。

We measured the growth of a Quercus mongolica ssp. crispula population in the cool temperate region of Central Japan. Measurements were made of trunk diameter and height of trees in a 20m×20m permanent quadrat and of planted saplings over the period 1983-1995. Saplings planted on the floor of the Quercus mongolica ssp. crispula coppice died during the course of the experiment, but those planted in an adjacent open area grew well. Mean tree diameter at breast height increased from 11.5 cm in 1983 to 14.0 cm in 1995, an average growth rate of 2.1 mm yr^<-1> ; growth during this period was approximated by the following equation : d (t) = 27/ [1+1.32 exp (-0.027t)] where d (t) is tree diameter in year t and t is years since 1983 when 1983 is 0. During this period, trunk density decreased from 84 to 73 per 20m×20m (0.9 yr^<-1>). The distribution of DBH approached a normal distribution in 1986, but subsequently diverged from normality. The relationship between tree density (N, the number of trees 400m^<-2>) and mean diameter at breast height d was described as : N (d) = 157.3 exp (-0.05d). Mean tree height increased from 8.4m in 1983 to 9.4m in 1995 (8.4cm yr^<-1>). The mean diameter at stem base of the saplings increased from 1.1cm in 1983 to 5.8cm in 1995. Sapling height increased from a mean of 0.53m in 1983 to 2.21m in 1993 (16.8 cm yr^<-1>). The relative growth rate (RGR) of the product of height and diameter of sapling varied annually from 0.17 to 0.45. Multiple regression was used to examine the factors that affected RGR including monthly air temperature and precipitation at the experimental site. The results suggest that RGR was influenced negatively by precipitation in May, the time when new leaves develop on Q. mongolica ssp. crispula.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 13(2), 87-94, 1996

    植生学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008145184
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ