伊豆諸島八丈島の形成年代の異なる2火山における常緑広葉樹林の種組成と分布 Species composition and distribution of evergreen broad-leaved forests on two volcanoes of different ages on Hachijo-jima Island, the Izu islands, Japan.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1.火山島であり,成立年代の大きく異なる二火山(完新世火山の八丈富士と更新世火山の三原山)よりなる,伊豆諸島八丈島において,常緑広葉樹林を対象として植物社会学的方法による植生調査を行った.<BR>  2.表操作による群落区分を行った結果,3群集,1群落,2下位単位が識別された.<BR>  3.ユズリハ-ヤマグルマ群集は,オオキジノオ,ハチジョウウラボシ,ユズリハなど10種を識別種とする群落で,ハチジョウイヌツゲ下位単位とハチジョウスズタケ下位単位の2下位単位に区分される.<BR>  4.ユズリハ-ヤマグルマ群集ハチジョウイヌツゲ下位単位は,ハチジョウイヌツゲ,ハチジョウアザミ,ハチジョウショウマなど11種を識別種とする群落で,八丈富士の標高430m以上に分布していた.<BR>  5.ユズリハ-ヤマグルマ群集ハチジョウスズタケ下位単位は,ハチジョウスズタケ,ヤマグルマ,ミヤマシキミなど10種を識別種とする群落で,三原山の標高450m以上に分布していた.<BR>  6.タブノキ-オオシマザクラ群落は,アスカイノデ,オオシマザクラ,タマシダなど9種を識別種とする群落で,主に萌芽再生林よりなり,八丈富士の標高550m以下に分布していた.<BR>  7.オオシマカンスゲ-スダジイ群集はコハクサンボク,カツモウイノデ,ナギランなど10種を識別種とする群落で,主に萌芽再生林よりなり,三原山の標高540m以下に主に分布していた.<BR>  8.マサキ-トベラ群集はトベラ,マサキ,ハチジョウススキなど8種を識別種とする群落で,海岸部に分布し,八丈富士と三原山の両方に分布していた.<BR>  9.標高傾度でみると,八丈富士のタブノキ-オオシマザクラ群落および三原山のオオシマカンスゲ-スダジイ群集と,ユズリハ-ヤマグルマ群集との境界(標高500m)はWI=132となり,ユズリハ-ヤマグルマ群集の分布範囲は温量指数的にはシイ林域の上部から,カシ林域に相当していた.<BR>  10.八丈富士と三原山という成立年代が異なる山体の相違を時間傾度に置き換えると,ハチジョウイヌツゲ下位単位とハチジョウスズタケ下位単位,タブノキ-オオシマザクラ群落とオオシマカンスゲ-スダジイ群集はそれぞれ遷移的関係として位置づけられると考えられた.

The species composition of evergreen broad-leaved forests on Hachijo-jima Island was studied. Hachijo-jima Island is one of the Izu islands, and is composed of two volcanoes of different ages : Mt. Hachijo-Fuji, a Holocene volcano, and Mt. Mihara, a Pleistocene volcano. The forest vegetation was examined by phytosociological method. The vegetation was divided into three associations (Daphniphyllo-Trochodendretum aralioides Ohba 1971, Carici-Castanopsietum sieboldii Ohba 1971 : CC and Euonymo-Pittosporetum tobira Miyawaki et al. 1971 : EP) and one community (Persea thunbergii-Prunus speciosa community: PP), and the Daphniphyllo-Trochodendretum aralioides was divided into two lower units (Irex crenata van hachijoensis lower unit : DTI and Sasamorpha borealis var. viridescens lower unit : DTS). The distributions of the DTI and PP were restricted to Mt. Hachijo-Fuji. The DTI was distributed above 430 meters a.s.l., and the PP was distributed below 550 meters a.s.l. In contrast, the distribution of the DTS was restricted to Mt. Mihara (above 490 meters a.s.l.), and the CC was distributed mostly on Mt. Mihara (below 540 meters a.s.l.). The EP was found along the seashore of both volcanoes. The distribution patterns of these forest communities was related to altitude and age of the volcanoes. Long-term succession on Hachijo-jima Island from the DTI to the DTS at higher altitude, and from the PP to the CC at lower altitude were suggested.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 18(2), 47-58, 2001

    植生学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008145248
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    7055154
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ