遷急線によって規定される山地斜面のブナの分布域 Mountain slope evolution controlling the distribution of Fagus crenata in the Kamikochi Valley, central Japan.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1.亜高山帯の最下部に位置する長野県梓川上流域に点在するブナ林冠木の分布図を空中写真判読と現地調査から作成し,その特徴を地形・地質条件との関係から検討した. <BR>  2.ブナは花崗岩地域と,中生界堆積岩地域のうち花崗岩に接する場所に分布し,また山腹斜面の遷急線より下方に位置する崩壊性斜面,崖錐,沖積錐に偏在していた. <BR>  3.遷急線は後氷期開析前線であると推定され,本地域のブナの分布域は,後氷期における山地斜面の開析の進行にともなって拡大されてきたと考えられる. <BR>  4.ブナが遷急線より下方に分布する原因として,そこで発生する崩壊や土石流が土壌条件や光環境を改善する方向に働く可能性を指摘した.崩壊の発生頻度は地質によって異なり,このことがブナの地質地域による分布の違いに現れていると考えられる.

The effects of geology and landforms on the distribution of Fagus crenata were investigated in a forest ecotone between subalpine and montane forest zones. The distribution of F. crenata trees was mapped by field surveys and aerial-photo interpretation in the Kamikochi Valley in the upriver regions of the Azusa River Basin, central Japan. Most F. crenata trees were found on steep, dissected slopes within areas of late Cretaceous to early Paleocene granitic rocks, and at the margin where Mesozoic sedimentary rocks contacted granitic rocks. The erosion front that has developed on mountain slopes since the Holocene probably controls the upper limits of F. crenata. Landslides on dissected slopes appear to be important for F. crenata to become established in the area of distributional limit. They may improve edaphic and light conditions on the forest floor.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 18(2), 87-97, 2001

    植生学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008145251
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    7055221
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ