中国東北部の発達途上の針広混交林におけるチョウセンゴヨウの更新と成長 Regeneration and growth of Korean pine (Pinus koraiensis Sieb. et Zucc.) in developing mixed conifer-hardwood forests in northeastern China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1.中国黒龍江省,牡丹峰林場と大亮子河林場の発達途上のチョウセンゴヨウ林分において更新過程を調査し,十分に発達したチョウセンゴヨウ-落葉広葉樹混交林において観察されている林冠ギャップ内での更新過程との関係を明らかにした. <BR>  2.牡丹峰の林分は調査した8方形区の平均胸高断面積合計が約38m^2/haと未発達であり,チョウセンゴヨウの優占性も低かった.これに対して大亮子河の林分は,胸高断面積合計が3方形区の平均で約57m^2/haと牡丹峰より発達しており,チョウセンゴヨウの優占性が約70%と高かった. <BR>  3.成長錐コアによる年輪調査から,牡丹峰においては1950年代の山火事をきっかけとして,実生,前生稚樹双方に由来する一斉更新が起こっていた.また前生稚樹として待機していた長さは,最大で約100年に及んでいた.一方,大亮子河では1820年代から1860年代にかけて,現在の林冠層で優占する個体が定着していた. <BR>  4.これら一斉更新後の発達途上にある2林分では,閉鎖林冠下においてチョウセンゴヨウの実生や稚樹はごく少なく,林冠がいくらか疎開している部分にわずかに見られた. <BR>  5.林齢約50年の牡丹峰の林分のみならず,より老齢の個体から構成されている大亮子河の林分においても,林冠構成個体の樹冠サイズはチョウセンゴヨウの定着に適した林冠ギャップサイズよりは小さかった.このため,単木枯死による林冠ギャップが形成されても実生の定着は起こりにくいものと考えられた. <BR>  6.調査した2林分に見られたような一斉更新後の発達途上の同齢的な林分では,次世代のリクルートは大規模撹乱に伴う次の一斉更新に依存する.これに対して,同齢林が十分に発達して初代の個体が林冠で枯死する段階まで移行できれば,単木的な林冠ギャップによる更新が可能となり,異齢的な齢構造をもつ森林へと移行すると結論した.

Growth process and age structure of Korean pine (Pinus koraiensis Sieb. et Zucc.) populations were studied in two developing mixed Korean pine-hardwood forests in northeasten China. In a plot located in Mudanfeng Forestry Area, not only Korean pine but also other species regenerated after a strong canopy disturbance in the 1950's. In Dalianzihe Forestry Area, dominant Korean pine trees in the canopy layer were established during the 1820's to 1860's. The regenerating trees in both plots originated from both seedlings and advance regenerations. However, new seedlings and saplings were not observed under the closed canopies of both plots, and only a few seedlings grew in small canopy gaps (< ca. 40 m^2 in area) created by the death of suppressed trees in the Mudanfeng plot. Thus, during the development of young Korean pine forests initiated by large canopy disturbances, seedling establishment under closed canopy or in small gaps is inhibited by insufficient light conditions. In contrast, abundant saplings regenerating in canopy gaps of old-growth forests have been also reported in several studies, and the two contrasting regeneration processes, i.e. episodic simultaneous regeneration and gap-phase regeneration were recognizable. These two regeneration processes could be located on different positions of the chrono-sequence of the development of mixed Korean pine-hardwood forests. The former process not only initiates even-aged forests, but also results in the lack of new generations in the following several hundred years. The latter process is prevalent in forests which attain the old-growth stages.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 19(1), 43-53, 2002

    植生学会

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008145258
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13422448
  • NDL 記事登録ID
    7055355
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ