GPUによる実対称三重対角行列の固有値算出手法の検討 A discussion on calculating eigenvalues of real symmetric tridiagonal matrices on a GPU

この論文をさがす

著者

抄録

GPUは様々な分野においてアクセラレータとして注目を集めているが,その性能を効果的に引き出すにはアーキテクチャと実装するアルゴリズムの相性が重要となる.本稿では実対称三重対角行列から固有値を算出する処理に着目し,二分法とQR法のGPU上での実装を比較し効率的な固有値算出の検討を行った.評価実験の結果,処理時間および精度の両面で二分法が優れていることが示された.

While GPUs are attracting attention as an accelerator in wide-ranged application areas, compatibility between the architecture and selected algorithm is important to effectively bring out their potential performance. This paper focuses on eigenvalue calculation from a given rail symmetric tridiagonal matrix and compares GPU implementations for the QR method and the bisection method. The results of the experiments show that the bisection method is better than the QR method in terms of the processing time and the precision.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 110(318), 19-24, 2010-11-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008152462
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013141
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10915719
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ