左右の梨状窩の音響的相互作用(音声一般・生成,合成,生成,韻律,音声一般) Acoustic interaction between bilateral piriform fossae

この論文をさがす

著者

抄録

声道伝達関数における左右の梨状窩に由来する2つの零点の周波数は,どちらの梨状窩の共鳴周波数とも一致しない.これは左右の梨状窩の相互作用によって零点の周波数が決定されるからである.本稿では,この相互作用を検討するために,声道を単純な形状でモデル化し,時間領域差分法を用いて零点の周波数における音圧分布を計算した.その結果,低い周波数の零点では,左右の梨状窩が逆相で振動し,高い周波数の零点では同相で振動していることが明らかになった.これは,梨状窩の零点が,左右の梨状窩を2つの振動子とする連成振動系の基準振動により生ずることを示唆する.そこで,声道を連成振動系でモデル化したところ,梨状窩の共鳴周波数と伝達関数における零点の周波数の関係を明らかにすることが出来た.

The center-frequencies of the two spectral dips derived from bilateral piriform fossae disagree with the resonance frequencies of each piriform fossa alone. This discrepancy is due to acoustic interactions between the bilateral piriform fossae. To examine the interactions, in the present study a simple vocal tract model including piriform fossae was developed, and the pressure distribution patterns at the two dip frequencies were calculated by the finite-difference time-domain method. Simulation results showed that at the lower dip frequency, the bilateral piriform fossae resonated with reverse phase, while at the higher dip frequency they resonated in-phase. This implied that the two dips were generated by the normal vibration modes of a coupled two-oscillator system. Analytic modeling of the system successfully explained the relationship between the dip frequencies on the transfer function and the resonance frequencies of each piriform fossa alone.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 110(297), 7-12, 2010-11-11 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008152484
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10915820
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ