LTEの発展と将来無線技術 LTE Enhancements and Future Radio Access

この論文をさがす

著者

抄録

現在3GPP(3^<rd> Generation Partnership Project)において,LTE Release 10(LTE-Advanced)の標準化が2010年末の仕様承認に向けて行われている.LTE-Advancedでは,広帯域化(キャリアアグリゲーション)や多アンテナMIMO送受信などの拡張技術が導入され,LTE Release 8に比較してより高いシステム性能を実現することができる.3GPPでは,LTE Release 11の検討が2011年より開始される予定であり,LTEの更なる性能改善が期待される.一方,近年スマートフォンのような高機能端末が一般層へ普及したことを起爆剤として,動画配信等のブロードバンドサービスを中心に無線ネットワークにおけるデータトラヒックが爆発的に増大している.これは,これまでの傾向から予想される範囲を大きく超える伸びであり,更なる飛躍的なシステムの性能改善が必要である.本講演では,このような背景を踏まえ,LTEのさらなる発展,および2020年に向けた将来無線技術についてドコモの考えを示す.LTE Release 11を含むLTEの発展については,候補として挙げられる技術トピックについて列挙する.また,2020年に向けた将来無線技術について,マーケット動向の分析に基づく要求条件を明らかにする.特に,トラヒック容量は今後10年で500-1000倍の増大が想定され,これを実現するための技術的方向性を検討する.無線インターフェースの観点からは,高度化受信処理技術を前提としたセル間への最適化がキーとして挙げられることを述べる.

3GPP (3^<rd> Generation Partnership Project) is currently in the finalization stage of LTE Release 10 (LTE-Advanced). With the introduction of new advanced features, e.g., carrier aggregation, higher-order MIMO, etc., LTE-Advanced provides higher system performance compared to LTE Release 8 while at the same time satisfies ITU-R requirements. Nevertheless, continuous evolution of mobile technology is needed to respond to future market demands. Recently, unprecedented market trends were observed. High-spec handsets, in particular smartphones, are proliferating and mobile video image delivery/streaming and more new innovative applications are reaching more and more customers. In the coming decade, mobile data traffic is expected to grow at a pace that exceeds our past experiences. Therefore, drastic improvement of system performance is necessary in the future. In this talk, we outline DOCOMO views on LTE enhancements focusing mainly on Release 11 as well as on future radio access towards 2020. For Release 11 and LTE enhancements, candidate concepts and major features/topics to be specified or studied are presented. For future radio access towards 2020, target requirements are provided based on the results of market trends analysis and forecast of future traffic growth. In particular, we set the requirements for future radio access to meet our estimate of data traffic growth in the order of 500-1000 times today's traffic. Potential technical solutions to respond to such explosive growth are introduced with our views on the contribution share of each solution. Specifically, inter-cell optimization assisted with future receiver devices is proposed as a key driver for future radio interface.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム 110(268), 35-43, 2010-11-04

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008152604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060822
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10917524
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ