国語の授業と日本語文法 Japanese Grammar and Japanese Classes in School

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

学校教育における国語の授業での文法学習は暗記中心で文法嫌いを生んでいる。しかし,、, 暗記だけに終わらせず,言葉の文中での意味に着目し, その背後にある文法を考えさせることは, 文章のよりよい読みや日本語への新たな視点を育てる上で大きな効果が期待できる。また抽象的な概念を取り扱うことにより思考力を高める効果も期待できるだろう。本論では国語の授業における文法学習の現状を整理し, 日本語学者による学校文法批判や島根大学教育学部1年生30名に対して行った文法や文法の授業に関する意識調査の結果などを基に文法教育の改善を検討した。13;

収録刊行物

  • 島根大学教育学部紀要. 教育科学・人文・社会科学・自然科学   [巻号一覧]

    島根大学教育学部紀要. 教育科学・人文・社会科学・自然科学 44別冊, 55-63, 2011-02-25  [この号の目次]

    島根大学

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008284595
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12171265
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18808581
  • NDL 記事登録ID
    11040338
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-331
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ