環境工学序説 Introduction to Environmental Engineering

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 後藤 滋 GOTOH Shigeru
    • 足利工業大学建築学科 Department of Architecture and Building Sciences, Ashikaga Institute of Technology

抄録

広義の環境工学について述べ,ここでは建築環境工学に限定して話をすゝめる。また,人類生存上の環境要素というものを考えると,それは水と空気と土と太陽(エネルギー)ということになる。これらを基幹環境要素ということができる。建築環境工学の生い立ちを見ると,その原点を森林太郎(鴎外)の「建築衛生」に求めることができる。そして大正時代には衛生学関係者による住居衛生の研究が盛であった。そんな中,藤井厚二は建築関係者として初めてその研究に加わった。昭和の初期になると建築学も体系化され,その中に「計画原論」として今日の環境工学が形成された。昭和10年代にはこの分野の研究や教育が行われるようになり,戦後はさらに普及したが,いろいろの名称が用いられた。昭和39年以後,日本建築学会において環境工学の名称が公式に用いられるようになった。今日,その対象範囲も広がり,地域や都市さらに地球環境をも視野に入れるようになった。

We speak of environmental engineering in a broad sense, but here we deal only with architectural environment engineering. When we think about the environmental elements in the existence of the human race, we include water, air, earth and solar energy. These are called basic environmental elements.When we think about the history of architectural environment engineering, we can find a starting point in "Architectural Hygiene" written by Rintaro Mon. Considerable study of the hygiene of housing was conducted in the Taisho era by specialists in hygiene. Kohji Fujii then joined the study as a person interested in architecture. Architectural Science was systematized in the Showa era and environmental engineering was formed as "the Principles of Architectural Planning". Study and education in this field came to be praticed in Showa 10 to 20 (1935 to 1945), and becames more popular after World War, but it used various names. The name "Environmental Engineering" has been used at the Architectural Institute of Japan since Showa 39 (1964), and this branch of study now includes districts, cities and the global environment.

収録刊行物

  • 人間と生活環境

    人間と生活環境 4(1), 8-13, 1996-12

    人間-生活環境系学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008447357
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11443337
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13407694
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ