放射冷房時における気流と湿度の体感への影響 Effect of Humidity and Air Movement on Thermal Comfort under a Radiant Cooling System Investigated in Subjective Experiments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

放射冷暖房方式は,従来の対流による空調方式よりも快適で省エネルギー性が期待できるといわれている。床暖房やラジエータを用いた放射暖房方式は数多く実用化されており,研究例も多い。一方,放射冷房は,研究はよく行われているが,日本では結露の問題等から一般に普及していないのが現状である。本研究では,日本の住宅においても使用可能な放射冷暖房システム開発のための基礎研究として,天井放射冷房時における,湿度,微弱気流の体感に及ぼす影響を調べることを目的とし,被験者実験を行い,全身および身体各部位の熱的快適性を分析した。実験は,湿度,気流について数種類の条件に設定した人工気候室において,種々の表面温度にコントロールした放射冷却パネルの下に被験者を座らせ,温熱環境を計測し,温冷感と快不快感に関する申告をさせた。本研究の主な結果として,放射冷房時の全身の温冷感に対する湿度(45%rh, 65%rh, 85%rh)及び気流(0.1m/s: constant, on/off; 0.1〜0.3 m/s: random)の影響を新標準有効温度SET^*を用いると全身の温冷感スケールで±℃1程度の誤差を生じること,微弱気流を放射冷房と併用することにより,全身及び局所的な温冷感が全体的にSET^*の評価より温冷感スケールで1程度涼しい方向にシフトするとともに,快適感が向上する傾向があることを明らかとした。

Radiant heating/cooling systems are expected to be more comfortable and superior energysaving systems than convective air-conditioning systems generally used. There are many studies on radiant cooling systems, but they have seldom been put to practical use, because of the condensation problem in Japan. The objective of this study is to investigate thermal comfort in particular, including the effects of humidity (45%rh, 65%rh, 85%rh) and air movement (0.1m/s: constant, on/off; 0.1〜0.3 m/s: random change), by means of subjective experiments conducted on a radiant ceiling cooling system. The experiments are performed with radiant cooling panels in a climate chamber. The subjects sat on a chair under the radiant cooling panels, and they voted on thermal sensation and thermal comfort. The following results were obtained. With the radiant cooling system, the influence of humidity and air movement on thermal sensation votes for the whole body was evaluated by SET^* within one scale difference on the thermal sensation vote (7 scale) in the above experimental conditions. Air movement with the radiant cooling system was expected to have one scale cooler effect than the thermal sensation vote evaluated by SET^*. In addition, a small amount of air movement was expected to improve the comfortable sensation votes with the radiant cooling.

収録刊行物

  • 人間と生活環境

    人間と生活環境 4(1), 42-51, 1996-12

    人間-生活環境系学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008447362
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11443337
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407694
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ