「固定ド・移動ド」をめぐって Fixed doh and " movable doh"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

「固定ド・移動ド」は単なる譜読みの方式ではなく、音楽解釈や演奏にまで深くかかわる。本学に入学してくる学生たちの大半は、現代日本の音楽教育環境を背景として「固定ド」しか知らないのだが、その現状を放置することは許されないであろう。歴史をひもといたときに明らかなのは、「ドレミファ…」は元来、階名、つまり「移動ド読みのためのツール」だということだ。一方、固定ドは平均律に調律された現代ピアノを拠り所としている。それは一見、便利かつ合理的なものにみえるが、われわれは平均律そのものの欠点をよくよく認識しなくてはならない。「良い音楽家」を目指す者には、やはり「移動ドのセンス」が必要なのである。The " fixed doh/movable doh" is not simply a way of music reading, but also a matter of music interpretation.Most students who get into our department of music expression only know the " fixed doh"against the background of music-educational environment in present-day Japan; but I think we must notoverlook this situation. When we trace the " movable doh" back to its origins, it is obvious that " dore-mi-fa…" are essentially the syllable names, in other words a tool for the movable doh reading. The" fixed doh" is based on the equally tempered piano. It seems to be convenient and reasonable, but wehave to understand sufficiently its weak points. Students who aim at becoming good musicians are requiredto have the sense of " movable doh."

収録刊行物

  • 尚美学園大学芸術情報研究 = Journal of Informatics for Arts, Shobi University

    尚美学園大学芸術情報研究 = Journal of Informatics for Arts, Shobi University 16, 35-42, 2009-11-01

    尚美学園大学芸術情報学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008447810
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12312312
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18825370
  • NDL 記事登録ID
    10932045
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H421
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ