Draw-in による腹横筋および内・外腹斜筋の筋厚変化 Changes in deep abdominal muscles during drawing-in maneuver

この論文をさがす

抄録

一般的にコアと呼ばれている腹横筋,内・外腹斜筋などの腹筋群は,収縮により腹圧を高める機能を有することから,スポーツ動作における体幹の安定性に関して重要な役割を担っていると言われている。コアの機能が重要視される一方で,これらの機能を定量的に評価する手法は十分に確立されていない。本研究では,コアの機能を定量的に評価する手法を確立することを目的に,腹部引き込み動作であるDrawin による腹横筋および内・外腹斜筋の筋厚変化を超音波画像診断装置を用いて調べた。男子大学生48名を対象に,安静時およびDrawin における内・外腹斜筋の筋厚を超音波画像上で計測した結果,腹横筋と内腹斜筋では,安静時と比較してDrawin 時に有意な筋厚の増大が認められた。本研究結果から,腹横筋と内腹斜筋は腹圧を高める動作であるDrawin において形態が変化し,この形態変化は超音波画像上で筋厚を計測することにより定量的な評価ができることが示唆された。

収録刊行物

  • 北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要

    北翔大学生涯スポーツ学部研究紀要 2, 63-69, 2011

    北翔大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008507786
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12464467
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18849563
  • NDL 記事登録ID
    023268212
  • NDL 請求記号
    Z72-B778
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ