大画面壁面ディスプレイ上での影のメタファを利用したポインティング動作におけるフィッツの法則 A Fitts' Law Analysis of Shadow Metaphor Mid-air Pointing on a Very Large Wall Display

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

大画面壁面ディスプレイにおいて,影のメタファを用いたポインティング動作に対するフィッツの法則の適合度を実験的に検証した.実験では,ターゲット距離とターゲット幅,およびディスプレイとユーザの距離を要因とした1次元のポインティングタスクを用い,ユーザの手の動きと,ディスプレイ上での影の動きに分けて解析を行った.実験結果から,画面上の動きでも手元の動きでもフィッツの法則を適用できることが分かった.さらに,間接指示環境における先行研究と異なり,ターゲット距離とターゲット幅を分離したフィッツの法則のモデルは有効ではなく,ディスプレイとユーザの距離に関係なく通常のフィッツの法則を適用可能であることが分かった.We investigated mid-air pointing on an interactive very large wall display using geometry based on a shadow projection metaphor. An experiment was conducted to measure pointing time in a traditional Fitts' task. Results showed that Fitts' law models performance accurately regardless of whether target amplitude and width are measured in hand space or display space. Furthermore, contrary to previous work, we also found no separable impact of amplitude and width on performance, suggesting that the original Fitts' formulation correctly models the task, regardless of display-to-user distance.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 52(4), 1495-1503, 2011-04-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008507984
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ