3者の会食における同調動作とその出現領域 Measurement of Body Motion Synchrony and Its Areas in Three-party Table Talk

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

コミュニケーション研究においては,食事をしながら行われるコミュニケーションの様相が,従来のコミュニケーションのみを行う状況とは異なることが分かりつつあるが,その同調動作については議論されていない.また,同調動作の部位による違いについては議論されていない.本研究では,3 者による会食における身体動作の同調現象を映像から分析した.その結果,食事動作部分の同調は確認されなかったが,頭部の同調は確認された.Difference between the communication behaviors with and without meal has been revealed recently. However, body motion synchrony of table talk has not been researched. Moreover, the difference of body motion synchrony between body parts has not been researched, either. Thus body motion synchrony in three-party table talk was analyzed by the video in this paper. The body motion synchrony in the eating motion was not measured, while the body motion synchrony in the head was measured as a result.

収録刊行物

  • 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)

    研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) 2011-GN-79(11), 1-5, 2011-03-10

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008583725
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155524X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    2186-2583
  • NDL 記事登録ID
    025099377
  • NDL 請求記号
    YH267-101
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ