紙に印刷する無線センサノード A Wireless Sensor Node Printed on Paper

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,インクジェット印刷技術を用いて市販のインクジェット写真用紙の上に無線センサノード用のレクテナを実装するための技術について報告する.今回実装した無線センサノードは,テレビ塔から発せられた環境中を伝搬する放送電波を電力源とし,この微弱な電力をコンデンサに蓄積することで,自立的に環境中の温度などのセンサ情報を計測することが可能である.評価の結果,東京タワーから 6.5 km離れた場所において,40 秒に 1 回のデューティ比で動作を確認することができた.In this paper, we present an implementation of a wireless sensor node fabricated on commercial photo paper using inkjet-printing technology. The wireless sensor node is capable of receiving ambient RF signal power from broadcasting TV towers and converting the signal into electrical power. The power is then used to wake-up the microcontroller to sense ambient environmental information, such as temperature. The evaluation results show that the sensor sheet can operate at a distance of 6.5 km far from the Tokyo Tower in Japan within 40-second intervals.

収録刊行物

  • 研究報告 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)

    研究報告 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) 2011-UBI-30(2), 1-7, 2011-05-20

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008583937
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11838947
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ