サツマイモ飯とサツマイモ粥の年代別摂取状況の地域性とその背景 Survey of the Intake of Cooked Rice and Rice Gruel with Sweet Potatoes in the Three Ages

この論文をさがす

著者

抄録

サツマイモは昔から主食代替として,単品あるいは米と混炊してサツマイモ飯(以下,イモ飯)やサツマイモ粥(以下,イモ粥)として食されてきた。本研究ではイモ飯とイモ粥を食文化的視点から捉え,大正,昭和,平成の各年代における摂取状況を調査し,各年代や各地域の摂取状況の変容や特徴等について検討した。その結果,大正7年頃はイモ飯,イモ粥共に西日本での摂取が多く,昭和10年頃になると,イモ飯の摂取地域が大正期よりも北上して広がった一方,イモ粥の摂取地域は変わらず西日本に多いままであった。平成13年頃では,イモ飯が全国的に摂取されるようになったが,イモ粥は変わらず西日本での摂取に偏っていることがわかった。これらの理由として,イモ飯は,サツマイモの普及と利用の広まりと共にその摂取も広範囲に渡るようになったことが考えられた。その一方で,イモ粥は,粥食の習慣や人々が持つ粥に対する印象等が密接に関係していることが示唆された。

Sweet potato has been eaten by itself as a substitute for the staple food or mixed with rice in such dishes as imomeshi (cooked rice with sweet potato) and imogayu (rice gruel with sweet potato). We investigated the areas where these dishes have been eaten during the Taisho, Showa and Heisei eras, and related this consumption to the transfiguration and characteristics of each era and area. The results show that the area for eating imomeshi has been spreading from the western to eastern part of Japan during the passing of these eras, while eating imogayu has remained in western Japan. It seems that the spreading popularity of sweet potato was responsible for wider geographical area and familiarization of eating imomeshi. It also seems likely that the different image and eating habits of rice gruel between western and eastern Japan influenced the localization of eating imogayu to western Japan.

収録刊行物

  • 日本調理科学会誌

    日本調理科学会誌 44(2), 174-179, 2011

    日本調理科学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008593967
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10471022
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13411535
  • NDL 記事登録ID
    11072862
  • NDL 雑誌分類
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL 請求記号
    Z6-1906
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE  NDL-Digital 
ページトップへ