Web感染型マルウェアのリダイレクト解析

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

Web感染型マルウェアが猛威を振るっている.<br />マルウェアに感染すると個人情報が不正に盗み出されたり,Webサイトが改ざんされたりする.<br />マルウェアの中には,Webブラウザの脆弱性を突いて制御を奪い,Webサイトにアクセスした利用者を複数のWebサイトに誘導して,マルウェアをダウンロードさせたり,インストールさせるDrive-by-Download攻撃がある.<br />本論文は,パケットキャプチャデータに基づいてDrive-by-Download攻撃によるリダイレクトを解析する.<br />その結果を活用すると,マルウェアを配布するサイト,および踏台とされているサイト,入口となっているサイトを特定することができる.<br />このようなサイトの情報を集めてURLのブラックリストを構成すれば,表面上は正常なサイトにアクセスしているように見えるのに,実際には悪性サイトのURLに誘導されている場合でも検知することができる.

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集  

    全国大会講演論文集 2011(1), 497-499, 2011-03-02 

    一般社団法人情報処理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008601281
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
ページトップへ