[招待講演]構造化するウェブ、つながるデータ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

これまでウェブに関する研究が発展してきた背景として、データの入手性が飛躍的に向上したことが一因にあると思われる。ウェブ上のデータは単に情報量が増加しただけではなく、より構造化され、分析・加工しやすい形式へと移行しつつある。本講演では、ウェブ情報の構造化にしたがって進展してきた関連研究の推移を概括するとともに、近年注目を集めている Linked Data の現状や展望について議論する。

収録刊行物

  • 研究報告 デジタルドキュメント(DD)  

    研究報告 デジタルドキュメント(DD) 2011-DD-82(1), 1-1, 2011-10-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008620838
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10539261
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ