社会的包摂としてのアクティベーション政策の意義と限界 : ワーク・アクティベーションとソーシャル・アクティベーション (金井淳二教授・草深直臣教授・篠田武司教授・深澤敦教授退職記念号) Significance and limitations of activation policy as social inclusion : work activation and social activation (In honor of the retirement of Professor Kanai Junji, Kusafuka Naoomi, Shinoda Takeshi and Fukasawa Atsushi)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 立命館産業社會論集

    立命館産業社會論集 47(1), 173-194, 2011-06

    立命館大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008667616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024998X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02882205
  • NDL 記事登録ID
    11215399
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-386
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ