進歩する図書館システム Diversification of library systems

この論文をさがす

著者

抄録

日本における図書館システムは1980年代から導入が進められ,主として図書館のハウスキーピング業務の効率化に大きく寄与してきた。しかし,その後の図書館システムの進歩は遅く,特に利用者サービスの中核をなすオンライン閲覧目録(OPAC)については,他のWebサービスと比較して時代遅れであるとも言われてきた。近年,このような状況が少しずつ変化してきている。たとえば,クラウド・コンピューティングを利用した図書館システムやオープンソース・ソフトウェアとして開発されたシステムの出現,ディスカバリ・インタフェースと呼ばれる新しいOPACの提供などはその代表である。また,図書館が取り扱う資料自体も従来の紙媒体の資料だけではなく,電子ジャーナルや電子書籍など多様なものとなってきている。本稿では,このような多様化してきた図書館システムの状況について概説する。

Library systems has been introduced in Japan since 1980's. which has facilitated efficiency in housekeeping in libraries, however, the progress of the library systems has been slow. Especially OPAC, which is essential to user services, was far behind the times compared with the other web services. In recent years, we can see the gradual changes, such as evolving of library systems using cloud computing, open source integrated library system, and next generation OPAC called discovery interface. Libraries provide large variety of resources including e-journals and e-books as well as traditional paper based materials. This paper aims to give an overview of the various library systems.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 61(5), 182-186, 2011-05-01

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008671093
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    11052499
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ