慶應義塾大学メディアセンターにおける新図書館システムの選定とその背景(<特集>多様化する図書館システム) Selection and background of a new library information system at Keio University Media Centers(<Special feature>Diversity of library systems)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2010年3月,慶應義塾大学メディアセンターは,最初の導入から3世代目となる新図書館システムKOSMOSIIIを導入し,ディスカバリー・インターフェースKOSMOSの利用者への提供を開始した。これらのシステムは,イスラエルのEx Libris社が開発した統合型図書館システムAlephとディスカバリー・インターフェースPrimoで構成されている。2004年に開始された選定作業は約4年に及んだ。背景には,中期計画における次世代サービスの検討,MARC21書誌レコードの継承,書誌ユーティリティの動向,トロント大学図書館の事例などがある。本稿では,システム選定の過程を振り返り,その選定の背景を紹介する。

In March 2010, Keio University Media Centers (Library) launched new Library Information System called KOSMOSIII which is the third generation from first implementation of the Library Information system at Keio. Also Keio has started to provide the discovery interface called KOSMOS to the library patron. These systems are based on Aleph Integrated Library system and Primo discovery interface developed by Ex Libris in Israel. The selection started in 2004 lasted for about four years. As the background of selection, there are some points such as the consideration of next generation services defined in the mid-range plan, inheritance of MARC21 bibliographic records, trend of bibliographic utilities, case study of the University of Toronto Libraries, and so on. This article will review the process of system selection, and will describe the background of the selection.

収録刊行物

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008671096
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    11052552
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ