分散コンポーネント管理により耐障害性と安定したQoSを実現するサービスプラットホーム(ネットワーク管理・オペレーション,<特集>システム開発・ソフトウェア開発論文) A Fault Tolerant Service Platform Providing Stable QoS Based on Distributed Component Management

この論文をさがす

著者

    • 山崎 公敬 YAMAZAKI Masanori
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
    • 横江 直輔 YOKOE Naosuke
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
    • 宮崎 渉 [他] MIYAZAKI Wataru
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
    • 廣田 悠介 HIROTA Yusuke
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
    • 木下 和彦 KINOSHITA Kazuhiko
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
    • 戸出 英樹 TODE Hideki
    • 大阪府立大学大学院工学研究科電気・情報系専攻 Department of Computer Science and Intelligent Systems, Osaka Prefecture University
    • 村上 孝三 MURAKAMI Koso
    • 大阪大学大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻 Department of Information Networking, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University

抄録

遠隔ノード上に分散配置された複数種類のコンポーネントを利用してアプリケーションを提供するネットワークサービスへの注目が高まっている.このネットワークサービスにおいては,全てのコンポーネントを新たに用意する必要がないためサービスの設置コストが小さい,コンポーネント間の連携によってより高度なサービスを提供できるなどの利点がある.本論文では,このような分散コンポーネントを基盤としたネットワークサービスにおいて,コンポーネント間でオーバレイネットワークを構築し,自律的に情報を共有することで耐障害性をもち,ユーザからのサービス要求に対して安定したQoSを提供できるサービスプラットホームを提案する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. B, 通信  

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 J94-B(7), 833-846, 2011-07-01 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  25件

被引用文献:  4件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008672830
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11325909
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13444697
  • NDL 記事登録ID
    11171229
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-606
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ