コミュニケーションに与える食事の効果 : 3者間会食場面の分析 The effect of meal to conversation : from the analysis of three-party table talk

この論文をさがす

著者

    • 大武 美香 OTAKE Mika
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba
    • 金 赫 JIN He
    • 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 College of Media Arts, Science and Technology, School of Informatics, University of Tsukuba
    • 向 文玲 [他] XIANG Wen Ling
    • 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 College of Media Arts, Science and Technology, School of Informatics, University of Tsukuba
    • 井上 智雄 INOUE Tomoo
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba

抄録

会食時には摂食だけでなく、会話が交わされるが、会食における会話がそうでない会話と比較してどのように異なるのかについてはあまり知られていない。本研究では、知り合い同士の3者の会食時の会話と、同一環境での食事のない会話を比較した。その結果、会食時の発話数はそうでない場合に比べ、参加者によるばらつきが小さくなることが分かった。摂食行動によって発話が自然に制限され、食事がない場合には発話の少ない人でも発言する機会を見つけやすくなったことが示唆された。

When eating a meal with others, conversation occurs generally in addition. However, the difference between the conversation with and without meal is not known very much. Three-party conversations with and without meal were compared in this research. It was found that the number of utterance was more balanced among participants with meal condition. It is suggested that the eating behavior restricts utterance naturally, which causes a participant who has fewer utterances can find the utterance timing easily.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 110(383), 43-48, 2011-01-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008675737
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10970081
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ