Compressed Sensing の無線センサーネットワークへの適用に関する研究動向 A Survey on Application of Compressed Sensing to Wireless Sensor Network

この論文をさがす

著者

    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学 大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

無線センサネットワークはセンサノードを空間中に配置し,センシングデータをノード間で無線通信することで広範囲に渡る情報を収集する技術であり,環境モニタリングなどへの適用が期待されている.しかし,大規模な無線センサネットワークではセンサノードの数が膨大になるため,センサノード全体のエネルギー消費や通信コストが莫大なものになってしまう.この問題に対して,近年新たにCompressed Sensingによるアプローチが注目されてきている.Compressed Sensingは,スパース性や圧縮可能性を持つ信号を極めて少ない観測数から復元する,信号の圧縮・復元技術である.本稿では,Compressed Sensingについて概要を述べた後に,無線センサネットワークへの適用における研究動向を紹介し,我々の研究目標としてスペクトラムセンシング時の計測地点低減への適用について示す.

Wireless sensor networks (WSN) gather sensing data from spatially deployed sensor nodes through wireless communications. However, the enormous energy consumption and communication costs are challenges inherent in a large-scale WSN because of a number of sensor nodes. Recently, Compressed Sensing attracts attention as a solution of these challenges. Compressed Sensing is a novel sampling technology which can recover the original signals from the low sampling data by exploiting the sparsity or compressibility of signals. This report introduces a summary of Compressed Sensing and its applications to WSN and explains its application to spectrum sensing, as our research target.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 110(373), 103-108, 2011-01-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008676240
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10970716
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ