情報技術の記録性を学習する情報モラル教育の実践 : MMORPGの行動ログを用いた体験授業を通して(教育実践研究論文) Classroom Education Utilizing Informational Logging : Incorporating MMORPG Play Logs into IT Ethics Education(Paper on Educational Practice Research)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鎌倉 哲史 KAMAKURA Tetzushi
    • 東京大学大学院学際情報学府:日本学術振興会 Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, The University of Tokyo:Japan Society for the Promotion of Science
    • 馬場 章 BABA Akira
    • 東京大学大学院情報学環 Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo

抄録

本研究は小学校6年生85名を対象として,情報技術の記録性の特性に関する実体験に基づく情報モラル教育を実施し,その教育効果を検討したものである.実験の結果,MMORPGの実体験と行動ログのフィードバックを受けた実験群は,統制群と比較して記録性に関するテスト成績が有意に大きく向上した.また,実験群の子ども達は事前と比較して事後にインターネットの利活用意識と利用不安感が有意に増加していた.上記の教育効果は5ヵ月後にも持続しており,本研究の方法に一定の教育効果があることが示された.

This paper examines the educational effects of information ethics education through an experiment focusing on informational logging, one of five characteristic features of information technology. The experiment involved 85 6th year elementary school students who participated in a logged MMORPG session and were then given feedback on their actions. A significant increase was observed in the experimental group's understanding of the subject matter relative to the control group. Furthermore, within the experimental group, Internet usage-related interest and usage-related anxiety were significantly increased. These effects remained five months later and suggest that the educational methods presented in this paper are effective.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌   [巻号一覧]

    日本教育工学会論文誌 35(1), 47-57, 2011 

    日本教育工学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008686422
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    11178379
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ