日常生活条件下における希少糖D-プシコースの食後血糖値上昇抑制作用 The suppression effect of rare sugar D-psicose for postprandial glycemic response on healthy young subjects in the normal lifestyle-Note-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

D-プシコースはD-フルクトースのC-3エピマーであり,自然界に非常に僅かしか存在しない希少糖の一つである.これまでに動物実験やヒト経口糖負荷試験において,D-プシコースの食後血糖値上昇抑制作用が報告されている.本研究では,日常生活条件下におけるD-プシコースの食後血糖値上昇抑制作用について,健康な成人男性15名および成人女性29名を対象として検討した.実験食として予め各被験者に日常的な昼食(男性:636kcal,炭水化物量87.6g,女性:513kcal,炭水化物量18.9g)を設定させた.実験当日,各被験者に実験食とともにD-プシコース6gあるいはD-フルクトース6gを市販無糖紅茶に添加した飲料を摂取させた.摂取前および摂取開始後30,60,90,120分に小型血糖測定器で血糖値を測定した.全体および男女別のいずれの場合でも,被験者の食後血糖値はD-フルクトース飲料を摂取した場合に比べて,D-プシコース飲料を摂取した場合で有意に低値であった.日常的な食事とともにD-プシコース飲料を摂取した場合でも食後血糖値上昇抑制効果が確認されたことから,D-プシコースが2型糖尿病や肥満の予防・解消に有効な機能性食材である可能性が示唆された.

D-psicose, a C-3 epimer of D-fructose, is a "rare sugar" present in nature products. Examining the effects of D-psicose on glucose metabolism, we found that supplemental D-psicose, a sweet monosaccharide, can lower plasma glucose levels in the previous animal and clinical studies. We investigated whether or not D-psicose suppresses glycemic response after ingestion of various foods in healthy subjects under the normal lifestyle. Fifteen male and 29 female subjects were fed the normal lunches selected by the subjects (energy: 636kcal, carbohydrate: 87.6g for males; energy 513kcal, carbohydrate: 18.9g for females) with 6g of D-psicose or D-fructose. The blood glucose concentrations before and after a meal were determined. The postprandial glycemic response was significantly lower after intake of an experimental meal with D-psicose than with D-fructose. These results suggest that D-psicose suppresses glycemic response after ingestion of the normal lunch under daily life style. D-Psicose may be useful in preventing postprandial hyperglycemia in type 2 diabetic or obese patients.

収録刊行物

  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi   [巻号一覧]

    生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 89(7), 401-403, 2011-07-25  [この号の目次]

    公益社団法人日本生物工学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008687402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401118
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09193758
  • NDL 記事登録ID
    11204777
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-395
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ