新学習指導要領において必要とされる教員のICT活用指導力の検討 Study of Teaching Skills by Using ICT Required in the New Course of Study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2008年3月公示の小・中学校の学習指導要領における情報化に関する記述を抽出・分類した。さらに、教員のICT活用指導力のチェックリストに基づき、それらの記述を分類した。その結果、小学校では体育と家庭科を除いて、中学校では特別活動を除いて、すべての教科等において情報化に関する記述がみられた。また、教員のICT活用指導力のチェックリストに基づく分類結果から、小中学校とも、特に教員が授業中にICTを活用して指導することが求められており、中学校においてはさらに生徒によるICT活用を指導することも求められていることが示された。

Terminology related to informatization in the new Japanese course of study for elementary and junior high school was extracted. Furthermore, based on the check list of teaching skills by using ICT, those terminologies were classified. As a result, there were descriptions about the information in all subjects except home economics and physical education in the elementary school, except extracurricular activities in the junior high school. Teachers were required to acquire the abilities to teach with ICT during everyday classes, in case of the teachers of junior high school, Teachers were also required to teach students how to use ICT in their learning process.

収録刊行物

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008687605
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284863
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09158162
  • NDL 記事登録ID
    10599662
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1197
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ