通信量削減によるスペクトラム情報可視化システムの性能改善 Performance Improvement of Spectrum Visualization System by Reducing Communications Traffic

この論文をさがす

著者

    • 加藤 拓也 KATO Takuya
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 楠 慶 KUSUNOKI Kei
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

コグニティブ無線を用いた通信の実現性の議論において,電波利用状況について定量的に論じるための基礎資料は必要不可欠である.そのため,我々はスペクトラム情報を収集しその時空間変動を地図上に可視化表示することで,直感的な認識を可能とするシステムの構築に取り組んでいる.しかし,可視化処理時に発生するサーバ間の通信における遅延時間がスムーズな閲覧を実現する上での障害となっていた.そこで本稿では,データファイルの統合及びメタデータの参照によるサーバ間通信の削減手法を実装し,スペクトラム情報量と処理時間の関係性について評価を行うことで可視化処理の性能が改善されたことを示す.

In an argument about the possibility of communication with cognitive radio, data to discuss the utilization of radio waves is absolutely imperative. Thus, we are working on development of a system which enables to recognize spectrum utilization intuitively by collecting spectrum data and visualizing its spatiotemporal variation on a map. There was an obstacle, however, that a delay of communication between servers which occured in visualization processes prevented smooth browsing. In this paper, we implemented a method of reducing this communication by aggregating data files and references of meta data and evaluated association between a spectrum data size and processing time. At last, it was shown that this method improved the visualization process of our system.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 110(449), 85-90, 2011-02-24

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008688939
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11047517
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ