Compressed Sensing を用いた屋外スペクトラムセンシングのための計測地点数削減手法の精度評価 Accuracy Evaluation of Compressed Sensing Point Reduction Scheme for Outdoor Spectrum Sensing

この論文をさがす

著者

    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

逼迫した電波利用状況を改善するためには,電波の効率的な利用が求められる.そうした方法の一つに,割り当てられた周波数帯の中で様々な要因により使用されていない帯域である,ホワイトスペースの活用が考えられる.このようなホワイトスペースを用いた通信では,既存のシステムに干渉しないことが必要となる.そのためには周囲の電波状況を把握しなければならず,地域ごとにスペクトラムセンシングを行う必要がある.しかし,屋外のすべての地域で計測を行うのは不可能である.我々はこの問題に対して,Compressed Sensingを用いることで計測地点を低減しながら,信号を正確に復元することを提案してきた.本稿では,東京大学の本郷キャンパスにて様々な地点で地上波デジタルテレビ放送の信号の電界強度を計測し,得られたデータの中から一部を選んでCompressed Sensingによる復元を行い,復元精度を評価し,計測点数を削減しても実用的なスペクトラムセンシングが行えることを示した.

Spectrum is not well utilized in many bands. In order to make use of these bands without interfering with other systems, we need to conduct spectrum sensing to understand the spectrum utilization in each area. However, it's not practical to measure at every point in the area. The common approach is to interpolate the spectrum usage from a limited number of measurement points. In this paper, we collect digital TV broadcasting spectrum usage around Hongo campus of the University of Tokyo. We randomly choose part of the collected data and interpolate using compressed sensing method. The interpolated value is compared with the real value to evaluate the accuracy. The result shows that compressed sensing is suitable for spectrum sensing.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 110(449), 97-102, 2011-02-24

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008688941
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11047548
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ