顔反応性細胞の表情に対する選択性の潜時 : 側頭葉視覚皮質と扁桃体の比較 Latency of neuronal selectivity for facial expression : comparison between the temporal visual cortex and the amygdala

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,異なる3つの表情から構成される顔画像セットを視覚刺激として用いて,顔反応性細胞の表情に対する選択性の潜時を調べた.注視課題遂行中のサルから細胞外電位計測法により単一神経細胞の活動を記録した.50ミリ秒の時間窓を時間軸に沿って移動させながら各顔画像に対する視覚反応を解析して,表情に対する選択性の時間経過を調べた.側頭葉皮質の顔反応性細胞の一部が100ミリ秒を下回る短い選択性の潜時を示した一方で,扁桃体ではそのような短い選択性の潜時を示す顔反応性細胞はほとんど見られなかった.

We studied latency of neuronal selectivity for facial expression by using face images consisting of 3 different facial expressions. We recorded extracellular neuronal activity from awake, fixating monkeys and examined time course of selectivity for facial expression with a 50 ms sliding time window. A population of face-responsive neurons in the temporal cortex demonstrated selectivity latencies shorter than 100 ms, whereas only a few face-responsive neurons in the amygdala showed such short latencies.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 110(461), 277-282, 2011-02-28

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008689860
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11046977
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ