検索クエリにおける修飾構造の調査 Basic Survey of Modification Structures of Web Search Queries

この論文をさがす

著者

抄録

検索エンジンのクエリとして2単語の組み合わせは大きな割合を占める。このクエリはAND検索として処理されることが多いため、その単語の順序は検索結果に影響を与えない。しかしこの2単語から構成されるクエリでは多くの場合、2番目の語が主要部と考えられる。そこで本研究では大規模クエリログから得られる2単語クエリを対象にその文型や傾向を分析した。本稿ではその分析結果について報告する。

The majority of search queries are one or two-word queries such as "A B". The search result of "A B" is the same as the search result of "B A". However, the meaning of "A B" is not always the same as the meaning of "B A". In this paper, we survey modification structures of Web search queries.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 110(407), 49-52, 2011-01-28

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008689969
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11002061
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ