PBLで開発した情報システムを4年後に自ら評価してやり直す(モデル編) Self-Reevaluation and Redesigning an Information System developed in a PBL Class Four Years Later (Part I: Models)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

筆者のうち 2 名は,学生時代に PBL による情報システム開発プロジェクトに参加した.その後職業人となり,情報システム開発を仕事として経験した.学生時代からの変化を明確化させるため,学生時代の情報システムを自らやり直し評価する.本研究ではモデルのみを再設計した.これを情報システム関係者が比較評価し,その結果を M-GTA によって理論化した.これによるモデルに対する手法,姿勢,価値観の気づきをまとめた.The first two of the authors participated in an information system development project in a PBL class at a university. Then they work as an information systems professionals, they redesigned the system in order to clarify the change for four years. In this paper, only the models part, we redesigned this model and evaluated it. The results were theorized by the M-GTA, and modeling approach, attitude, awareness were summarized.

収録刊行物

  • 研究報告 情報システムと社会環境(IS)

    研究報告 情報システムと社会環境(IS) 2011-IS-118(8), 1-7, 2011-11-28

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008694746
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11253943
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ