日本の保全生物学が必要とするマクロスケールからの視点 Conservation Biology in Japan needs a macro-scale perspective

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 天野 達也 AMANO Tatsuya
    • 農業環境技術研究所生物多様性研究領域 Biodiversity Division, National Institute for Agro-Environmental Sciences
    • 赤坂 宗光 AKASAKA Munemitsu
    • 国立環境研究所環境リスク研究センター Research Center for Environmental Risk, National Institute for Environmental Studies
    • 角谷 拓 KADOYA Taku
    • 国立環境研究所生物圏環境研究領域 Environmental Biology Division, National Institute for Environmental Studies
    • 杉浦 真治 SUGIURA Shinji
    • 森林総合研究所森林昆虫研究領域 Department of Forest Entomology, Forestry and Forest Products Research Institute
    • 滝 久智 TAKI Hisatomo
    • 森林総合研究所森林昆虫研究領域 Department of Forest Entomology, Forestry and Forest Products Research Institute
    • 山浦 悠一 YAMAURA Yuichi
    • 森林総合研究所森林昆虫研究領域 Department of Forest Entomology, Forestry and Forest Products Research Institute
    • 横溝 裕行 YOKOMIZO Hiroyuki
    • 国立環境研究所環境リスク研究センター Research Center for Environmental Risk, National Institute for Environmental Studies

抄録

生物多用性総合評価が実施されCOP10が国内で開催された2010年を契機として、現在の日本の保全生物学において十分浸透しているとは言えないマクロスケールからの視点に注目する。

収録刊行物

  • 日本生態學會誌

    日本生態學會誌 60(3), 385-392, 2010-11-30

    日本生態学会暫定事務局

参考文献:  87件中 1-87件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008711843
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193852
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00215007
  • NDL 記事登録ID
    11118422
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-43
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ