マルウェア対策研究人材育成ワークショップ~教育コミュニティへの貢献とその課題~ anti Malware engineering WorkShop (MWS) Contributions and challenges to the educational community

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

マルウェアによる脅威が複雑化する中,様々な対策研究が盛んに行われている.客観的な評価と研究成果の共有を容易にするため,サイバークリーンセンターで収集しているデータをもとに研究用データセット MWS Datasets(含む,CCC DATAset 2008-2010) を利用したマルウェア対策研究人材育成ワークショップ (MWS 2008-2011, http://www.iwsec.org/mws/2011/) を開催してきた.本稿では,マルウェア対策研究人材育成ワークショップ,研究用データセット,競技会などの活動について報告する.There have been a lot of researches on countermeasures against the complicated threats by malware. anti-Malware engineering WorkShop (MWS) were held annually (2008-2011) in order to evaluate the proposals objectively and share the research achievements by using MWS Datasets (includes CCC DATAset 2008 - 2010). This paper presents an overview of MWS activities, which include an annual MWS workshop, MWS datasets, MWS Cup and so on.

収録刊行物

  • 研究報告コンピュータと教育(CE)  

    研究報告コンピュータと教育(CE) 2011-CE-112(10), 1-6, 2011-12-10 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008713579
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096193
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ