小・中学校教師におけるバーンアウトの現状 : 3回の調査を通して The present condition of burnout in elementary school and junior high school teacher : Through three investigations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は小学校、中学校教師におけるバーンアウトの現状を複数回の調査によって調べることであった。小学校の管理職109名、小学校教諭754名、中学校管理職48名、中学校教諭410名を対象に調査を行った。バーンアウト得点を調べた結果、小学校、中学校の教諭においては、個人的達成感の後退が著しく進んでおり、脱人格化得点もやや高いという結果が得られた。学校現場においてメンタルヘルスの悪化は深刻だといえるだろう。その中でも小学校より中学校の教諭の方がバーンアウト得点は高いという結果がみられた。管理職のバーンアウト得点は教諭職の結果よりも低く、メンタルヘルスは保たれていることが示された。バーンアウトの低減に向けて、管理職がサポート源となりうることが示されたといえる。

The purpose of the present study was to examine burnout of elementary school and junior high school teachers as well as that of principals and head teachers by three investigations. Public school teachers in elementary schools (N=754) and in junior high schools (N=410) were asked to complete the Burnout Scale. Principals and head teachers at elementary schools (N=109) and at junior high schools (N=48) were also asked to complete the Burnout Scale. Examination of the burnout scores revealed that elementary school and the junior high school teachers had high scores of "reduced personal accomplishment." The "depersonalization" score was also a little high. Deterioration of mental health at schools is thus serious. The burnout scores of junior high school teachers in particular were higher than those of elementary school teachers. To decrease teacher's burnout, it was shown that the support from the principals and head teachers was important.

収録刊行物

  • 上越教育大学研究紀要

    上越教育大学研究紀要 30, 143-152, 2011-02-28

    上越教育大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008721389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284863
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09158162
  • NDL 記事登録ID
    11018201
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1197
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ