この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)サイトにおけるコミュニケーション構造の推移に着目し,SNSのライフサイクルにある種の法則性を見出すことである。我々は,SNSにおけるコミュニケーションのされ方の移り変わりに着目し,コミュニケーション関係は固定的に維持されるのか,推移していくのか,コミュニケーション関係はフレンドネットワークと近いのか,無関係なのかといったコミュニケーションの性質を表す因子を抽出している。これらの指標から,コミュニケーション構造の推移を明らかにし,その推移をライフサイクルとみなしSNSを分類している。分類したSNSのネットワーク構造や活性化の度合いを比較し,さらに特徴を分析している。その結果,現実の人間関係がベースとなるSNSは規模が小さく密なコミュニケーションがなされていることを確認している。また,ファンサイトのような対象物を中心としたSNSは,初期に開拓的であるものがより活性化することを確認している。This paper focuses on transition of users communication structures in social network services (SNSs) and we derived some features of life cycle of SNSs. We extracted some factors in characteristics of communications statistically. They are, for example, a factor of whether a communication structure among users fixes and keeps or changes, and a factor of whether the structure is close to its friend network or not. By using these factors, we observed the transition of the structures, regarded it as a life cycle, and then categorized the SNS sites. As a result of classification, we verified that its size is small and communications in it becomes thickly if a SNS site bases actual relationship between users. Moreover, we observed that it becomes activated if a SNS site with common interests such as a fan site becomes pioneering initially.

収録刊行物

  • 日本社会情報学会学会誌 = Journal of social informatics

    日本社会情報学会学会誌 = Journal of social informatics 23(1), 33-43, 2011-09-30

    日本社会情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008722661
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11426269
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    13440896
  • NDL 記事登録ID
    11234743
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z71-B348
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ