統合検索システムのこれまでとこれから : Primo+Primo Central(<特集>統合検索) Integrated search system now and then : Primo+Primo Central(<Special feature>Aggregated search)

この論文をさがす

著者

抄録

インターネット上に点在する学術情報資源を効率よく検索するシステムに対する需要が年々高まっている。その背景には,Googleをはじめとするサーチエンジンが学術分野へ広く浸透していることが挙げられるだろう。学術情報資源を効率よく検索するシステムの開発は以前から進められてきたが,システムを提供する側の思惑と,利用者側の期待との間には大きな隔たりがあることが浮き彫りになっている。本稿では,学術情報資源を効率よく検索するシステムとして横断検索システムと統合検索システムを取り上げ,両者の特徴および違いについて整理する。あわせて,統合検索システムの一例として,Ex LibrisのPrimoとPrimo Centralの特徴および取り組みについて述べる。

Due to the fact that search engines are widely accepted into academic, a demand has increased year by year for the system, which enables users to search scattered academic resources on the internet efficiently. Development of efficient search systems for academic resources has been promoted. However there is a wide gap between users' expectations and system providers' intentions. This paper reports feature of metasearch system and integrated search system and also differences in search method of the two systems. Ex Libris' discovery and delivery solution known as Primo and Primo Central are featured in the paper.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 61(9), 349-354, 2011-09-01

    社団法人情報科学技術協会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008723195
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    11221698
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ