PRIMA : 異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム PRIMA : A system for interaction with users in another time

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,複数台のKinectセンサを用いて,異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム,"PRIMA (Parallel Reality-based Interactive Motion Area)"を開発した."Parallel Reality"とは,同一空間上において現在と異なる時間帯のシーンを同時に表現するVR技術のことである.本システムでは,複数台のKinectによる空間中のユーザトラッキング及び3次元データの記録を行い,リアルタイムデータと共に3次元再構成をする.これらにより,ユーザのみを切り出して保存し,現在のシーンに重畳して再生することが可能となり,現在の自分が過去のユーザと様々なインタラクションをすることができる.

We developed a system, "PRIMA (Parallel Reality-based Interactive Motion Area)," that enables us to interact with yourselves and/or other persons in the past time at the same place. "Parallel Reality" is one of Virtual Reality (VR) technologies, and deals with scenes in another time and same space besides the real-time scene simultaneously. Our system tracks users in the area, records them as complete three-dimensional data using multiple Kinects, and reconstructs both current and past scenes in a virtual world in real time. In this research, we developed a base system for over-time interaction using these functions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 111(38), 7-12, 2011-05-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008726180
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11116627
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ