IEEE 802.11gを利用した高速移動通信におけるシームレスなTCPコネクション A Seamless TCP Connection over High-speed Mobile Communication System Based on IEEE 802.11g

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々はWi-Fi(IEEE 802.11g)を利用した高速移動通信システムを提案している.Yamadaら(2010)では,提案手法により270km/hの高速移動時中に最大25Mbpsのスループットが得られることを示した.一方で,頻繁に発生するレイヤ2ハンドオーバ(L2HO)においてトラヒックフローが不連続となることも指摘した.本論文では最初に,L2HO時におけるTCPパフォーマンスの解析結果を示し,L2HOおよびそれに起因するTCP再送タイムアウトにより,各L2HOで長時間の通信中断が発生することを示す.無通信状態改善のため,Multipath Mobile IPv4を利用したパス間バイキャストの実装方法を提案する.移動体と地上ネットワークの間にMultipath Mobile IPv4による複数のパスを構築し,L2HO時にはパス間(IPレイヤ)でトラヒックのバイキャストを行った.実際の高速移動環境における試験の結果,TCPに再送タイムアウトを発生させないL2HOが実現可能であることを示す.We are proposing a high speed communication system using IEEE 802.11g. Yamada et al. (2010) has proven that the proposed system has a bandwidth of 25Mbps even when a mobile node moves at 270km/h. It also pointed out discontinuous traffic flows over frequent Layer two handovers (L2HO). This paper shows an analysis of TCP performances over L2HOs. It has revealed TCP does not recover from a freeze until its timeout expires after a L2HO. In order to reduce communication disruptions, this paper proposes a way to implement a Bi-casting solution over paths established by Multipath Mobile IPv4. Multipath Mobile IPv4 is used to make multiple connections between the ground network and mobile entities. Traffic was bi-casted over the paths during L2HOs. A field trial on a high speed train has proven that our proposal achieves L2HOs without TCP retransmission timeouts.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 53(1), 251-273, 2012-01-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008736782
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024031107
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ