発話率のフィードバックによる食事コミュニケーション支援 Mealtime communication support by voice rate feedback

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,食事中の発話量をユーザの望む方向へ変化させ,食事コミュニケーションを支援することを目的とする.食事中のユーザの発話時間の割合(発話率)を記録・分析した結果,発話率は食事相手との人間関係に依存することがわかった.そこで,ユーザに発話率の予測値と現在の発話率を提示し,リアルタイムにフィードバックをかけるシステムを構築した.被験者を対象とした評価実験により,フィードバックによって多くの被験者は発話率を増やしたいと思い,実際に被験者の発話率が増えたことが確認された.

A purpose of this research is to support users' mealtime communication by changing their utterance length as they want. By logging and analyzing a voice rate, or a ratio of users' utterance length in every meal, we found out dependency between voice rates and meal members' relationships to the user. Using this dependency, we developed a real-time feedback system that presented estimation of voice rate with one at the present time. We evaluated this system and found out that the users wanted to increase voice rates and their voice rates increased as they wanted actually.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 111(101), 1-6, 2011-06-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008746551
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    2185-9329
  • NDL 記事登録ID
    11160643
  • NDL 請求記号
    YH247-1099
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ