市民による礫質河原に侵入した外来植物対策の評価 : 栃木県鬼怒川における事例 Evaluation of management of an invasive plant by citizen participants in the gravelly floodplain along the Kinu River, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 一瀬 克久 Ichinose Katsuhisa
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科:(現)環境省関東地方環境事務所奥多摩自然保護官事務所 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo:(Present office)Okutama Ranger Office, Kanto Regional Environment Office, Ministry of the Environment
    • 石井 潤 Ishii Jun
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo

抄録

栃木県を流れる鬼怒川上中流域の礫質河原では、外来植物シナダレスズメガヤの急速な分布拡大に伴い絶滅危惧植物カワラノギクの個体数が著しく減少した。礫質河原の固有植物保全のために、河原の一部においてカワラノギク保全地が造成され、シナダレスズメガヤを除去するとともに、カワラノギクの種子を導入する事業が実施された。本研究では、保全地造成後毎年実施されている市民によるシナダレスズメガヤの手取りによる選択的除去活動の効果と努力量を評価した。約4年間の市民によるシナダレスズメガヤの選択的除去活動の範囲は約6,800m^2(保全地の約47%)であり、植生調査の結果から、シナダレスズメガヤの平均被度は除去によって約5分の1程度に抑えられていることが示された。河原固有種5種の合計被度とカワラノギクの被度は有意に大きく、いずれも2.4倍になり、カワラノギク保全地におけるシナダレスズメガヤの選択的除去活動は、シナダレスズメガヤの被度を抑えるだけでなく、カワラノギクを含む河原固有種の再生に有効であることが示唆された。除去活動は4年間で9回実施され、1回あたりの平均作業時間は1.4時間で、合計12.5時間であった。1回あたりの参加人数は35人で、のべ319人の参加者と推定された。この値に基づくと、1人・1時間あたりの除去面積は16.1m^2となった。

The invasion of Eragrostis curvula, an invasive perennial grass, into gravelly floodplain habitats resulted in a decrease of population of Aster kantoensis, an endangered perennial herb, in the Kinu River. In order to conserve and restore A. kantoensis, E. curvula was removed and A. kantoensis was reintroduced by seed sowing in a restoration project. We examined the effectiveness of E. curvula removal by citizen participants, which were conducted more than 4 years after the restoration, and its removal efforts at the restoration site. The area of E. curvula removal during 4 years was about 6,800m^2 (47% of the site area). The removal resulted in a significant low value of one fifth in cover of E. curvula and significant high values of 2.4 times in cover of floodplain endemic species and A. kantoensis. These results suggest the effectiveness of E. curvula removal by citizen participants for restoration of floodplain endemic species including A. kantoensis. The removal activities of E. curvula were conducted by a total of 319 citizen participants for 9 days (with 12.5 hours) during 4 years. Average working hours and number of participants per day were 1.4 hours and 35 persons, respectively. The calculated area of removal per person-hour was 16.1m^2.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 16(2), 221-229, 2011

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008761598
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13424327
  • NDL 記事登録ID
    023439455
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ