創発的コラボレーションを促すワークショップデザイン(教育実践研究論文) Design Model for Workshops to Generate Emergent Collaboration(Paper on Educational Practice Research)

この論文をさがす

著者

    • 安斎 勇樹 ANZAI Yuki
    • 東京大学大学院学際情報学府 Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, The University of Tokyo
    • 森 玲奈 MORI Reina
    • 東京大学大学院情報学環 Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo

抄録

本研究の目的は,協同制作を課題とした大学生向けのワークショップにおいて,創発的コラボレーションを促すためのプログラムデザインの指針を示すことである.本研究では,創発の源泉としての「矛盾」の効果に着目し,「作品の制作課題に,相反するイメージを持ちながら多様な解釈の可能性を持った2つの条件を設定する」というデザイン原則を仮説として設定した.デザイン原則に基づく実践を4回(全15グループ),比較対象としてデザイン原則に基づかない実践を4回(全11グループ)行い,各グループの制作プロセスを質的に分析した.その結果,デザイン原則に基づく実践においては,制作中に提案されたアイデアや制作物に対する視点に揺さぶりがかかり,創発的コラボレーションが促されることがわかった.ただし,参加者が設定した2条件を「相反するもの」として解釈しなかった場合は,視点の揺さぶりがかからないために創発的コラボレーションは起こりにくいことがわかった.その点に留意すれば,本研究で提案したデザイン原則は有効であることが示された.

In this study, we suggest an effective design model for workshops to generate what we call "emergent collaboration" among participants. First, we set up a hypothesis that emergent collaboration is facilitated when participants are assigned a task involving two conditions that are seemingly conflicting but are open to interpretation. Then we conducted 8 workshops for undergraduate students (four of the sessions were designed on our hypothetical formula and the other four were not), and analyzed the process of collaboration at each session. As a result, we found that in the sessions based on our design model, participants were stimulated to look at their object and ideas from different perspectives, which led to emergent collaboration in most cases. In addition, analyzing the exceptional cases, we found that, emergent collaboration was not promoted when participants did not see two conditions as conflicting. While these exceptions suggest the need for deliberate examination of the conflicting nature of two conditions on the side of workshop designers, the analysis of the findings, as a whole, showed our hypothesis is highly effective.

収録刊行物

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008761619
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    023368437
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ