LHC実験 : テラスケール物理の成果と展望 The Latest Results of LHC

この論文をさがす

著者

抄録

ヒックス粒子と,標準理論を超える新しい素粒子現象の発見を目指してLHC(Large Hadron Collider)実験が始まった.この一年で加速器が順調に調整され,毎日10〜20pb^<-1>のデータが蓄積されるようになってきた.様々な成果のうち,テラスケールでのQCD研究,W/Zゲージ粒子の研究,超対称性・暗黒物質に対する新しい知見やヒッグス粒子探索を中心に2010年の実験成果をまとめる.LHCは順調に稼働しており,ヒッグス粒子や超対称性など,これから暫く目が離せない.

LHC has started with the center of mass energy, 7TeV. Main purposes of LHC are to discover the Higgs boson and new physics beyond the standard model. The latest results are summarized in this article. No evidence of new physics is discovered, and strict limit is set on the Super-Symmetric particles and the other new particles.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌  

    日本物理學會誌 66(11), 813-820, 2011-11-05 

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  13件

被引用文献:  2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008762006
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    11294831
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ