多文化保育における通訳の意義と課題 : 日系ブラジル人児童を中心として(自由論文) The Role of Interpreters, and Concerns Regarding Multicultural Childcare : Focusing on Japanese-Brazilian Children(Free Topic Articles)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は日系ブラジル人が多く入所する保育所において,通訳がどのような役割を果しているのかについて,保育士に対するアンケート調査,園長に対するインタビュー調査をもとに,「日常の保育」と「文化の保障」という二つの視点で検討した。その結果,「日常の保育」においては,通訳の存在は大変重要であり,通訳がいることで子どもや保護者へのコミュニケーションがスムーズにいき,細かいところにまで配慮した保育が実現できることがわかった。「文化の保障」についても,通訳が子どもの母語や文化を保障する役割としても機能していることがわかった。一方で,日本人保育士たちは多様な考えをもち,必ずしも文化の保障が必要であるとは考えていない者も見られた。また,通訳が常駐している保育所と,巡回型の保育所では,通訳の役割そのものは,どちらも同じように重要であったが,巡回型では時間的な制約があり,十分な関わりができない面も確認された。

Based on questionnaires given to care-givers, and interviews with their supervisors, this study reviewed the role of interpreters in nursery schools which have many Japanese-Brazilian children. We found that the interpreters greatly contribute to the effectiveness of communication between the care-givers and the children and parents, and to extending mindful daily care. The interpreters also play a role in providing the children with a 'home culture' atmosphere in the nursery school. However, the care-givers were found to have varying levels of concern about the children's home culture, and some thought they did not always have to pay attention to it. Some nursery schools have permanent interpreters, and some only temporary, interpreters; but in either case their role is critical, and we are concerned that visiting interpreters may not be adequately involved owing to time constraints.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008799410
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10378027
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9808
  • NDL 記事登録ID
    023443546
  • NDL 請求記号
    Z41-42
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ