物体と顔の魅力度評定における系列効果 Sequential effects in attractiveness judgment for objects and faces

この論文をさがす

著者

抄録

順番に呈示される刺激に対して物理的特性(光の明るさ、音の大きさなど)の評価を行うと、呈示された刺激に対する評定が、先行する刺激や、その刺激に対する評価の影響を受けることが知られている(系列効果;Holland & Lockhead, 1968)。近年では、この系列効果は物理的特性の評定のみならず、価格のようなより高次の評価においても生じることが報告されている(Matthews & Stewart, 2009)。しかし、この系列効果が、魅力度のような主観的な判断を行う場合にも生じるのかは明らかではない。そこで本研究では、顔や物体の画像に対して魅力度を評定する際に、系列効果が生じるかを検討した。実験参加者は、顔画像または様々なカテゴリーの物体画像に対して、魅力度を7件法で評価した。その結果、呈示された刺激の評定値は直前の試行の評定値に近づく傾向が見られた。さらに、呈示された刺激と直前の試行の刺激のカテゴリ門が異なるときには、同じカテゴリーの時に比べて、直前の評価の影響が弱まることが示された。以上の結果は、主観的な魅力度の評定においても系列効果が生じること、系列効果は同じカテゴリーの刺激に対しておこることが示唆された。

A number of psychological experiments have shown that the response of current trial assimilates toward the response of the preceding trial in perceptual decision-making tasks (sequential effect; Holland & Lockhead, 1968). The sequential effect has been widely observed in evaluation of physical property of stimuli (e.g., loudness and brightness; Ward & Lockhead, 1970; Ward, 1982) as well as more naturalistic properties (e.g., price of furniture; Matthews & Stewart, 2009). However, it is unclear whether subjective decision (e.g., preference) is also susceptible to the sequential effect. Here, we examined whether the sequential effect would occur in attractiveness judgment for objects and faces. Forty-eight pictures of male and female faces or thirty-two objects were presented successively. Participants rated the attractiveness of each face or object on a 7-point scale. The results showed that the attractiveness rating of a given face or object assimilated toward the rating of the preceding trial. These findings suggest that attractiveness judgment is also biased toward the preceding judgment, and hence the sequential effect can be extended in the domain of subjective decision-making.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 111(155), 63-68, 2011-07-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008801354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    11200803
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ