大学における犯罪心理学の講義-卒業研究のテーマと方法について- The Lecture on Criminal psychology in University:About theme and method of graduation researches.

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,大学にて犯罪心理学を専攻した学生の卒業研究を調査することである。 調査内容は,研究課題と調査方法に関して行った。結果は以下の通り。1) 多くの調査対象と主題が「非行」であった。 しかし,多様な主題も見られた。2)調査方法は,「質問紙法」であり,調査の対象は「学生」であった。

The purpose of this study is to investigate of graduation research students majored incriminal psychology in university. The research subject and the research method were examined. The results are as follows. 1) The most common theme was "delinquency".However, there were other themes. 2) Questionnaires were the common method used, and students were the common subjects utilized.

収録刊行物

  • 研究紀要

    研究紀要 13, 221-228, 2012-03-31

    関西国際大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110008917863
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11544811
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13455311
  • NDL 記事登録ID
    023596887
  • NDL 請求記号
    Z71-J422
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ