網走湖底質とその縞状構造について Banding structure finding in the bottom sediments in lake Abashiri-ko, Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

網走湖底質中に見出された縞状構造について,鏡下観察・X線分析・化学分析を行ってその成因について考察した.この縞状構造は,国内で見出されている縞状構造の多くがvarveとされているものと異なって,濃淡二枚の縞が10ヶ月〜1年のサイクルで形成されたことが明らかとなった.縞(=バンド)には厚薄があるものの単層と考えられ,その単層中には3〜14枚のラミナが形成される.単層は珪藻・優白色鉱物・雲母族鉱物・粘土鉱物・鉄質鉱物で構成されるものの,バンド毎にその量比が異なっていて優占する鉱物を明確にはできないが,珪酸・カルシウム・鉄・マンガン濃度や粘土鉱物分析によれば,複数枚のバンドによる一種のドメインを形成していることが明らかとなった.その結果,このバンド一枚一枚を環境変動の年々変化の解析に用いることは現時点では困難であるが,少なくとも5〜10年程度の分解能は有していると思われ,今後,網走地方を含めた北海道の環境変動の解析に利用されることが期待される.

In this paper, the origin of varve-like banding structures found in bottom sediments of lake Abashiri-ko have been explored using microscopic study, X-ray diffraction data and XRF analysis data among others. The banding structures of the lake are visible in different tones of grey and are different from the varves described in Japan. A pair of band is obviously formed in ten to twelve months. Bands are of various thickness representing geological beds that include three to fourteen laminations per bed. Though each band consists of diatoms, felsic-to micaceous-clay and ferrugenous minerals, but the distinctive materials could not be found in the bands. According to chemical and XRF analyses of the bands, there are distinct chemical domains while several bands are considered together. It is difficult to find out annual chemical fluctuations using a band, but the chemical domains composed with several bands are of five to ten years of resolution and will be expected to represent the chemical change of the environment in Hokkaido region of 5-10 years' periodicity.

収録刊行物

  • 地球科学

    地球科学 66(1), 17-33, 2012

    地学団体研究会

参考文献:  45件中 1-45件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009327673
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141269
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03666611
  • NDL 記事登録ID
    023506398
  • NDL 請求記号
    Z15-171
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ